2歳1か月女の子のママが語る「好き」を広げて会話や手先を発展させる方法

2歳の女の子が雪だるまとお話しながら雪だるまを作るイラスト

ママさん、パパさんは、日ごろお子さまと接する中で、

「平均的な子供の発達スピードはどれぐらいなのだろう?」

「近所の子が二語や三語で話すけど、他の子はどんな感じなのだろう」

と疑問に思うことがありますよね。

そこで、このページでは2歳児のママさんにご協力いただき体験談をお聞かせいただきました。参考になさってください。

2歳1か月女の子のママが驚く「会話の発達」

今回は2歳1カ月の女の子を持つお母様にお話を伺いました。

2語文や3語文も話せる

こちらの先輩ママのお子さまは、大人の会話をしっかりと聞いて理解しているのか、2歳1ヶ月で二語文だけでなく、三語文も話せるとのことです。驚きですね。

少し前、冬の寒い時には、雪が降って、お子さまたちもおおはしゃぎだったそうです。

2歳の女の子が雪だるまとお話しながら雪だるまを作るイラスト

そして、「ゆきだるま~、ゆきだるま~」と言いながら、雪だるまを作っていたとのこと。可愛らしいですね。

その先輩ママ自身も「そういえば、自分が小さい時も同じような時期があったな~」と昔の思い出について語っていました。

娘さんと同じでママさんもお話が大好きなお子様だったのですね。

会話を発展させるコツは

会話を発展させるコツにいて夜、ご飯をたべる時に今日あった出来事について話すようにしているそうです。

もともと、大人の話から会話の方法を学ぶお子さまたちですが、積極的に今日の出来事を共有することで、表現の方法をたくさん学べそうですね。

大人でも追いつかない? 2歳1か月女の子運動能力

会話だけでなく、運動能力が上がったかどうかもお聞きしました。

すると、その先輩ママさんが、近所の公園に行った時に、娘さんと鬼ごっこをした話をしてくださいました。

走るのが早い、早い

ちょっと前まではハイハイしていたのに、走るのが早いこと、早いこと。追いかけてやっとのことで、捕まえる感じです。子供の成長は早いなあと実感しました。

子どもと大人で明らかに足の長さも違うのに、子どもの走るスピードってなかなか速いですよね。

道路などで走り出してしまうと危険ですが、公園等で十分に走れる環境があると運動能力のさらなる発展にもつながりそうです。

好きで得意を伸ばす!2歳1か月女の子の手先の巧緻性は?

会話・運動以外の最近のブームをお聞きした所、最近はパズルがお気に入りとのことでした。

特にポケモンのパズルが大好きだそうで、大人がやってもかなり難しいようなパズルも器用にやっていると驚いていました。想像するだけで、可愛らしいです。

パズルは頭を使うし、指も動かすので、脳の発達にとてもよさそうですね。

まとめ
好きなものをどんどん刺激として取り入れてあげて、成長していく姿は可愛らしくて、素敵ですね。

ずっと一緒にいると、「ウチの子は、これ苦手だな」と感じることもあるかもしれませんが、その他に目を向けてみると、きっと「これは、得意かも。」「これなら楽しそう」ということがきっとあると思います。

得意を伸ばして、成長に発展させていきたいですね。